FC2ブログ
錐重が切り絵しておりますル
ここは、ただの錐重。。の日常を描きました!・・ヲタだけどね。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の好きな英雄伝説。
今日は二日ぶりの更新でございます。
今日はね・・ザッツだ~ん☆か名言集だゾ☆のどちらかにしようかと思ったのですが、
結局はまたもやあのアニメの話と、ソレにまつわる話をね

したいと思うんだ!

なんで今強調したと思いますか?
なんでだろうね。
こだまでしょうか?いいえ、だれで((ry


ということで本題に入って行きたいとおもいます!!
僕の好きな英雄伝説を紹介して行きたいと思います。


第三位

ディルムッド・オディナ
2957a978c67712c2564361bd7fd5b664.jpg
ディルムッド
ケルト神話の登場人物。
フィアナ騎士団のなかでも指折りの騎士であり、美貌の持ち主。
頬のほくろは乙女の心をときめかす魔力をもっている。

デェルムッドとグラーニャ
グラーニャは年老いたフィン家の妻になる事を拒み、家来のディルムッドに
自分を連れて逃げるように懇願する。
彼女がディルムッドに惹かれたのは、ディルムッドのほくろのせいとも言われている。

二人は逃避行を続けるが、フィンと和解。
16年間幸福に暮らし、4人の息子にも恵まれた。
しかし、フィンの策略によって、ディルムッドは猪と戦い、重症を負ってしまう。
フィンは傷を癒す聖水を持っていたが、ディルムッドへの嫉妬心から、水を零してしまう。
ディルムッドは聖水を飲めずに息を引き取ってしまった。
その後、グラーニャは再び求婚され、フィンの妻として一生を過ごした。

<感想>
ちょっと報われなさ過ぎですよね。この人たち。
ちゃんとディルムッドは愛していたのに、彼女はほくろの効果だなんて・・・。
あと、フィンは持っていたわけじゃなくて、聖水が湧き出ているところにすくいにいけたんだけど、
すくったものを三度零して(わざと)死んだきが・・・まぁいいや。
兎に角かわいそうの一言しかないです。

第二位

ギルガメッシュ73add6eb0054196ab1a122f7721870e6.jpg

シュメールの伝説的な王。
127年間存位したといわれている。(数万年生きたという人もいるので短い方)

ギルガメッシュと親友エルキドゥの冒険物語。
二人は森の番人・怪人フンババを倒し国の英雄となった。
しかしその後、聖牛グガランナの呪いによりエルキドゥが死んでしまう。
ギルガメッシュは悲しみ、不死を求めて旅に出る。
長旅の末、であった老人は彼に語りだす。

かつて人間を滅ぼすために神が大洪水を起こし、自分の家族だけが箱舟により助かった。※「ノアの箱舟」の元

その後、遂に不死の薬草を手に入れるが、蛇に横取りされてしまう。
これにより、蛇は脱皮して若返る能力を得る

失意のうちに帰還したギルガメッシュを迎えたのは
親友エルキドゥの幻であった。

<感想>
ギルガくんのあの態度からは想像できない過去ですねww
ていうか、ギルガ君死んだんですね。親友の幻を見ながら死ぬなんて・・・なんて雁夜さん
でも、良い話です。ギルガ君の唯一の理解者であったエルキドゥが死んだ時、ギルガ君は何を思ったんでしょう。








第一位












ジル・ド・レェ元帥
ce8d8ef599b5f10943f09ce4542eaa92.jpg
フランスの軍人にして、百年戦争の英雄。

ジャンヌ・ダルクと共にオルレアンを開放、イングランド軍を大幅に後退させた。

人食い領主
帰還後、黒魔術や錬金術に没頭。
生け贄として、多くの少年を拉致・虐殺した。
虐殺自体に興奮を覚えるようになり、犠牲者は1000人以上とも言われる。
戦友ジャンヌが異端者として処刑されたため、精神を病んだという説もある。

発覚後、裁判に掛けられ絞首刑+死体を火刑の判決が下された。
生きながらの火炙りとならなかったのは、かつての英雄に対する最後の情けであろうか。

<感想>
本当にこの話は好きであります。
ジャンヌの話を聞くたびに心を痛める僕でありますので、あまりこの話を聞くのは嫌なのですが、一番好きな話です。一番人間らしいのではないでしょうか?やはり、だれでも大切な人が消えてしまったら、やんでしまうのも無理はありません。神を許せないのも無理ありません。仕方ないじゃない、人間だもの。

この三つが一番スキだ!
というよりも、英霊の過去はZeroの方がスキですねww。
ということで、今日も此処でお開きだ!!

その前に少しだけリュウノスケ好きになったので、リュウちゃんの好きな台詞集。

――あの顔、本当に可愛かったのに

「でも、旦那・・・・・・それでも神様はいるんだろ?」

「だってこの世は、退屈だらけのようでいて――だけど、探せば探すほど面白オカシイことが多すぎる」

「そりゃぁもう、ぞっこんに」

「神様は勇気とか希望とかいった人間賛歌が大好きだし、それと同じぐらいに血飛沫やら悲鳴やら絶望だって大好きなのさ。でなけりゃぁ――生き物のハラワタがあんなにも色鮮やかなわけがない。
だから旦那、きっとこの世界は神様の愛に満ちてるよ」


愛が満ちてるのは、きっと二次元だけだよ。
ってことで、バイバイ
スポンサーサイト




コメント:
▼この記事へのコメント:<(あれば表示)

■ コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

▼この記事へのトラックバック:(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。